【Library TOPへ】

豚肉、ネギ、ブロッコリーの炒め物

美しい肌を保ちたい

 皮膚はケラチンというタンパク質からできています。不足すると表面がカサカサとなりつやを失い、細菌感染に対する抵抗力が弱くなります。
 ビタミンAはうるおい、ビタミンB2はなめらかに、ビタミンEはすみずみまで栄養素と酸素を提供、ビタミンCはシミやソバカスを防ぎます。動物性脂肪や砂糖の取り過ぎは皮膚の分泌量を多くし悪化させます。また、皮膚づくりには便秘は良くありませんので食物繊維を多くとりましょう。

管理栄養士 佐藤

続きを読む: 豚肉、ネギ、ブロッコリーの炒め物

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

カリフラワーのバジルドレッシングサラダ

夏ばてを予防する

 体に必要な栄養素としてタンパク質があります。不足すると抵抗力が弱まります。また、食欲を増進させる酢や香辛料、香草野菜を使いましょう。香辛料には辛子、生姜、カレー粉、香野菜にはハーブ類、大葉、パセリ等があります。ビタミンB1,B2を含む食品を食べましょう。冷たい飲み物(清涼飲料水)は控え、レモンジュース、トマトジュース、牛乳などにしましょう。

管理栄養士 佐藤

続きを読む: カリフラワーのバジルドレッシングサラダ

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

ゆで豚と野菜のごまだれかけ

中高年の食事のポイント

 最近、同じような料理を食べていませんか? 作るのがめんどうで、あり合わせの物ですませていませんか? 気がつかない内に栄養のバランスが崩れてしまう事があります。体力が衰え、食事でも抜くと体調を崩しやすくなります。食事の量が減ると栄養のバランスが崩れがちになります。タンパク質は若い人より多めにし、お腹にやさしい消化の良いものを食べましょう。

管理栄養士 佐藤

続きを読む: ゆで豚と野菜のごまだれかけ

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

焼き豆腐の切りごま煮

食べ物の味がわからない

 甘い、辛い等の区別がつかなくなることを味覚障害と言いいます。主な原因として薬の副作用があげられます。
 この治療には、亜鉛剤や亜鉛を多く含む食品を多く取る事が有効です。かき、かずのこ、煮干、アーモンド、ごま、きなこ、ココア等があります。

管理栄養士 佐藤

続きを読む: 焼き豆腐の切りごま煮

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

トロリとなめらかごぼうのクリームスープ

便秘しやすい人に

ひとくちに便秘といっても、原因はさまざまです。原因を確かめ、適した食をする事が必要です。
しかし、基本的にはバランスのとれた食事を心がけることが大事なことです。タンパク質は便をかたくする。炭水化物は便をやわらかくする。脂質は食物のすべりをよくする。この事を頭において、食事を考えましょう。

管理栄養士 佐藤

続きを読む: トロリとなめらかごぼうのクリームスープ

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

人にとって大切なこと~脳の仕組みから

医師 大城 忠

認知症が改善した!
 人が元気に生きていくために、「絆」「ネットワーク」「仲間」などと表現される人と人の関係が強調されています。私達の病院でも、内科疾患は治癒したが元気の出ない認知症の患者さんが地域のグループホームに移ってからみるみる元気になり、認知症が改善したことを聞くことがあります。魔法の話のように感じるものです。直接会いに行ってみると、良くなった理由は人と人の関係の質の高さ、関わる時間の長さなどによるものが大きいことがわかります。患者さん同士の交流、職員との交流です。

続きを読む: 人にとって大切なこと~脳の仕組みから

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

健康づくり3~転倒しにくい体づくり

リハビリ部技士長 飯尾 紗綾香

今回は転倒しにくい家づくりです。
自宅で転んだ人は、たまたまが多いのです。たまたま二階で就寝した。たまたま照明をつけなかった。たまたま眼鏡をかけなかったことなどです。このたまたまに対応できる家づくりを考えてみましょう。

続きを読む: 健康づくり3~転倒しにくい体づくり

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

全国、全道平均を上回る道南のがん死亡

医師 堀口  信

 今年3月の北海道新聞に「道民では大腸がん、膵臓がんの欧米型がんが多い」という記事がのっていました。

続きを読む: 全国、全道平均を上回る道南のがん死亡

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

健康づくり2~転倒しにくい体づくり

リハビリ部技士長 飯尾 紗綾香 

今回は転倒しやすい場所と時間です。
 転倒しやすい場所は、お部屋の中とお風呂です。部屋の中は、カーペットや敷居の段差につまずいています。お風呂は、ぬれていて滑りやすいため転んでしまいます。そして、重要なのは転倒した人の70パーセントが1人でいるということです。

 

続きを読む: 健康づくり2~転倒しにくい体づくり

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

高齢者の栄養管理

稜北病院管理栄養士 佐藤祐子
 

 高齢者の誰もが、自立して健やかに一生を終えたいと願っています。そのための栄養状態の維持・改善は最も基本的なことです。私たちの身体を構成している栄養素は、毎日摂取する食べ物の栄養素によって置き換えられ、活動に必要なエネルギーも、食べ物の栄養素から毎日提供されているからです。

続きを読む: 高齢者の栄養管理

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

健康づくり1~転倒しにくい体づくり

リハビリ部技士長 飯尾 紗綾香

 近年、転倒事故が社会的に大きな問題となっています。今回は、転倒しやすい体かどうか、テストを行いたいと思います。

続きを読む: 健康づくり1~転倒しにくい体づくり

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

健康を保つ力 ~"首尾一貫感覚"

医師 佐々木 悟

ストレスと生活習慣
 医者の不養生を地で行ったように、昨年入院治療を余儀なくされ、1カ月仕事を休んでしまった。発症1年経過した現在も治療継続中で、症状もなかなかよくならない。病因は不明とされている病気ではあるが、過剰ストレスと生活習慣が関与しているのは間違いがない。

続きを読む: 健康を保つ力 ~"首尾一貫感覚"

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

子どもの生活と健康

小児科医師 高柳滋治

体力づくりと健康
 子どもたちの健やかな成長という視点から、子育ての中で、特に意識して育てたい力があります。
一つは、からだの力。筋肉や骨、からだの敏捷性です。これは比較的意識しやすいことでしょう。
 今の子どもたちは、体格も立派になって、栄養状態も改善しています。一方で、カロリー摂取の過剰と運動不足のために、小児の肥満も増え続けています。肥満やそれに伴う高脂血症は、将来の糖尿病や高血圧、動脈硬化の原因になり、心臓病や脳卒中につながります。これらの生活習慣病を予防するために、食生活を見直すとともに、運動量を増やす体力づくりがますます重要になってきています。

続きを読む: 子どもの生活と健康

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

身近な医療倫理問題

医師 横倉 基

 最近新聞紙上にも医療倫理と言う言葉がよく登場します。脳死移植とか癌の告知という重たいテーマでその言葉が出ることが多いと思います。医学的側面だけでは問題が解決できない、もっと個々人の人生観や倫理観宗教観,家族や周囲の人の意向その国の文化など多面的検討が必要である場合に医療倫理という言葉が使われると思います。

続きを読む: 身近な医療倫理問題

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

サプリメント(栄養補助食品)は関節痛に対して効果があるか?

医師 及能義広

 中高年の方の膝の痛みに対して、傷んでいる軟骨を修復し、痛みがとれることを効能にうたった食品がよく宣伝されています。それらはサプリメントと呼ばれますが「飲んでいて本当に効くのですか」と最近質問される機会が多くなっています。現時点でわかる範囲について説明します。

続きを読む: サプリメント(栄養補助食品)は関節痛に対して効果があるか?

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月16日 | パーマリンク

第262号

2006年 迎春
夢語る 青年の輪に 初明かり / (西川 玲子)
本年もよろしくお願いいたします。

続きを読む: 第262号

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月 3日 | パーマリンク

きずな健康友の会

安心して暮らせるまちづくりのために

 きずな健康友の会は、20年ほど前に職場友の会として発足しましたが、一昨年7月に、要求別友の会として新しく出発しました。
 会員の要求をもとに在宅介護支援、ミニ・デイホーム「絆の家」、うたう会「コーヒーで結い」などに取り組んでいるほか、地域の友の会と協力・共同して「銭湯の集い」を開いたり、施設を訪問して交流しています。

 「いつでも元気取り扱い所」を開設して50部を取り扱っているので、昨年10月から読者の集いを隔月に開いています。次回は「改正」された介護保険制度を話し合う予定です。
 会員がそれぞれ製作した水彩画、日本画、押し花絵、民族小物、紙籠、フェルトの小物、パッチワークの作品などを展示し、抹茶サービスつきの「よちよち歩きの作品展」をしらかば薬局のギャラリーでこの6月に行いました。
 「きずな九条の会」も結成され活動の幅が広がりましたが、「安心して住み続けられるまちづくり」のため、これからも会員の要求をもとに友の会活動をすすめていきたいと考えています。

(会長 大田 夏美)
2005年8月 道南勤医協だより 第257号より

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月 3日 | パーマリンク

禁煙の勧め ~外来で相談を~

医師 : 岡和田 敦

 患者様からの質問で「お酒とタバコ、やめるならどちらが良いでしょうか」と聞かれることがよくありますが、私は即座に「タバコです」と答えています。

続きを読む: 禁煙の勧め ~外来で相談を~

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月 3日 | パーマリンク

ジンジャーホットミルク

眠れないとき

 満腹でも空腹でも眠れないもので、腹六~七分目が安眠には最適です。小腸は、私たちの意志とは無関係で絶えず働いていますが、胃は眠るとともに休もうとしています。ですがら眠る直前の食事は胃に負担をかけ、消化時間のかかる油っぽい食事を多量にとると胃がもたれ、眠りをさまたげるのです。どうしても眠れなかったり、空腹だったりしたときは、神経を静めるカルシウムを含む牛乳やヨーグルトをお召し上がりください。

管理栄養士 佐藤
 

続きを読む: ジンジャーホットミルク

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月 1日 | パーマリンク

高血圧ミニ知識

医師 : 犬童 伸行

■はじめに
 高血圧症は、わが国では3,000万人を超える患者さんがいるといわれ、いわゆる生活習慣病の中で最も頻度の高い疾患です。簡易な家庭用の血圧計も広く普及してきましたが、血圧に関する正確な知識が十分いきわたっているとはいえないように思います。たとえば通院中の高血圧の患者さんに御自分が服用している薬の名前を聞いてみると、「知りません」と答える方が意外に多いのです。 そこで今回は、高血圧について最低限知っておきたい知識についておさらいしてみましょう。高血圧の基準は、3回以上の測定で、いずれも収縮期圧140mmHg以上、または拡張期圧90mmHgであれば高血圧と判断します。表のように血圧の高さによって重症度が分かれ、また正常範囲であってもより低目が望ましいとされています。ところで病院で測る血圧は普段より高めに出ることが多く、最近では家庭血圧計が重要視されつつあります。家庭血圧では収縮期圧135mmHg、拡張期圧85mmHg以上が基準となっています。

続きを読む: 高血圧ミニ知識

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年2月 1日 | パーマリンク

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会