【Library TOPへ】

函館稜北病院開院のころ

函館稜北病院初代副院長 内山  清
メーデーで第1回健康まつりの宣伝 今から25年前、道南勤医協長期計画に基づき、地域センター病院として稜北病院が建設されました。それは函館診療所でつちかわれた特色ある医療活動をいっそう発展させ、全道南に民主的地域医療網を拡げる拠点としての役割を担うものでした。

続きを読む: 函館稜北病院開院のころ

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年12月20日 | パーマリンク

負担軽減制度 ご存知ですか

税金・保険料の引き上げ 
医療費の窓口負担増
こんなに負担が増えては生活できない

 9月から取り組まれた地域訪問で、「医療費が高くなって大変だ。検査の結果よりも会計の方が気になる」「前回までは医療費が2,000円で済んでいたのに、10月に病院に行ったら、7,000円以上もかかった」など、医療費についての相談が増えています。

続きを読む: 負担軽減制度 ご存知ですか

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年12月 8日 | パーマリンク

各地のできごと 2006年12月 第273号より

秋の大船遺跡見学(稜北地域協議会 武田茂東子)
江差診療所20周年祝賀会(江差診療所 沢野天)
笑いと健康の集い(八雲ユーラップ医院 小林栄治)
松代友の会で懇談会(函診地域協議会 大渕千鶴)

続きを読む: 各地のできごと 2006年12月 第273号より

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年12月 8日 | パーマリンク

いさりび 2006年12月 第273号より

▼知人・友人から服喪中の便りが届き出しました。年賀欠礼の便りが来る時期は年賀状を準備する時でもあります。しかし最近は何かと多忙で世知辛い情勢の中でなかなか手につかないでいる人も多いようです

続きを読む: いさりび 2006年12月 第273号より

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年12月 8日 | パーマリンク

地域協同基金に引き続きご協力下さい

9月の道南勤医協だよりに折り込んだ「地域協同基金」の申込書兼郵便振替を活用して頂き、多くの方からご協力が寄せられています。これまでは、稜北内科・小児科クリニック建設時に1億円を超える地域協同基金が寄せられるなど、病院や診療所建設時に取り組まれてきました。

続きを読む: 地域協同基金に引き続きご協力下さい

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年12月 8日 | パーマリンク

私の町内会の健康づくり No .3

敬老祝賀会で
誰でも楽しく参加できる工夫をして

鍛治町会

 会員の体力の増進と健康維持を目的に、青少年育成部・保健環境部・女性部が中心となり、ひと月に2~3回の行事が取り組まれています。
 健康学習講座として、6月16日には市立函館保健所の保健師さんを講師に「介護と予防について」、7月6日は鍛治町老人クラブ鍛生会にも呼び掛け「睡眠の上手なとり方・高齢者の交通事故の予防について」が行われています。

八月八日にはハイキング大会が行われました。市立函館保健所の作成したウォーキングマップ鍛治コースを1時間かけて歩いて、町会館に戻ってからは、ゲームや女性部で用意した豚汁で昼食を取り親睦を深めています。パークゴルフ大会も年3回行われ、健康づくりに役立てています。
 10月10日には、ジョギング大会が行われています。この大会には「鍛治町会ルール」があります。ゴールまで何分かかるか、それぞれの到着タイムを申告し、スタートします。申告したタイムと実際に歩いたタイムとの差で競い合います。自分の体力に合わせ、誰でも楽しく参加できるルールになっています。
 敬老の日の9月18日には、敬老祝賀会が行われ、75歳以上の方、150人が参加しました。
 「お年寄りが楽しく過ごせる場として、継続したい」と、川瀬会長さんは話されていました。

2006年12月 第273号より

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年12月 8日 | パーマリンク

大腸癌健診を受けましょう

「捨てるウンコで拾う命」

■2006年12月から2007年1月まで
■特別料金:通常1050円のところ400円(税込)

 日本で大腸癌患者は増加の一途をたどっています。2004年には女性の癌死亡率の1位になりました。罹患率、死亡率の高い癌に対して健診を受けることは大変意義があります。

続きを読む: 大腸癌健診を受けましょう

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年12月 1日 | パーマリンク

冬の肌のお手入れ

医師 高柳滋治
 寒くなってきました。冬になって空気が乾燥してくると、アトピー性皮膚炎が悪くなって外来を訪れる患者さんが増えてきます。 私たちの肌は、一番外側の角質層と言うところが、適度なしなやかさを保っていて、外からの刺激に対して、皮膚を守る働きを持っています。アトピー性皮膚炎の患者さんは、体質的に皮膚のあぶら分(皮脂)が不足していることがわかってきました。

続きを読む: 冬の肌のお手入れ

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年12月 1日 | パーマリンク

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会