【Library TOPへ】

各地のできごと 2007年2月 第275号より

稜北開院25周年記念の集い(稜北病院 早坂 真一)
函診 恒例のもちつき(函館診療所 斉藤 美也子)
新しい試みで大成功(稜北病院 山田 誠)
江差診療所でクリスマス会(江差診療所 小倉 輝子)

続きを読む: 各地のできごと 2007年2月 第275号より

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2007年2月22日 | パーマリンク

いさりび 2007年2月 第275号より

日本は地震の多い国だ。特に北海道南西沖地震では200人、阪神淡路大震災は6000人以上もの尊い命が一瞬にして奪われた。ごく最近では地震ではないが佐呂間町で竜巻が発生し9人が死亡した

続きを読む: いさりび 2007年2月 第275号より

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2007年2月20日 | パーマリンク

「会員と家族からガンと脳卒中を出さない」を合言葉に

昭和友の会会長 吉田 正蔵
 道南勤医協と友の会は民医連運動実現のため、密接なつながりをもってきました。思えば函館診療所から更に大きく充実した稜北病院建設の目標を持った友の会は、函館を中心に渡島、桧山の各町村に在住の社員と共に農民、漁民、労働組合員などと膝を交えて民医連運動を語り、働く者の健康を守る砦を函館にと訴え、理解と協力と建設資金の借用をお願いしてまわりました。これらの努力が実り、「みんなで建てた、みんなの稜北病院」がついに開院しました。

続きを読む: 「会員と家族からガンと脳卒中を出さない」を合言葉に

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2007年2月20日 | パーマリンク

骨粗しょう症の予防

いつからでも始められ、遅すぎることはありません

管理栄養士 佐藤祐子

骨の役割とカルシウム摂取
 骨はからだを支え、内臓を保護し、筋肉や腱などと一緒にからだを動かします。また骨の中にある骨髄は、血液をつくる役割を担っています。さらに、骨粗しょう症と関係がある役割として、骨はカルシウムの貯蔵庫であり、カルシウムを出し入れする動きもしています。

 

続きを読む: 骨粗しょう症の予防

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2007年2月20日 | パーマリンク

患者さん送迎の友の会バスを運行中

「病院受診が便利になった」と好評です

●各ルート予約制です。

続きを読む: 患者さん送迎の友の会バスを運行中

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2007年2月 9日 | パーマリンク

私の町内会の健康づくり No .4

「ふれあいの会」でのタオル体操
交流の場を大切にしています

中道一丁目町会

 高齢者を中心とした「ふれあいの会」が、年3回行われています。
 五月は日帰りのバスツアー。赤川水源地での散策や函館未来大学の見学、しんわの湯で食事をとりながらの交流です。

「市内でも、高齢になるとなかなか行けないので、楽しみにしています」と、参加者からは好評です。11月は、「たくみ こうじ」さん(演歌歌手)のコンサート.懐かしい歌などを聞いた後は、タオル体操で健康づくりも取り組んでいます。町会の青少年部と老人クラブの共催で、「軽スポーツの集い」が10月に行われています。青少年部との共催は初めての試み。さいころゲームや輪投げ、パターゴルフなど、町内の子どもたちとの交流もすすめています。また、会館を練習場に提供していることもあり、町会館で市民吹奏楽団「ドルフィンズ」のコンサートも開催しています。「普段聞く機会がないが、町会館でやってもらうと近いので行きやすい」と、喜ばれているようです。
 「高齢者の世帯や一人暮らしの方も多く、高齢化もすすんできています。町会として、助け合いの取り組みをすすめるためにも、住民との交流を深めたい。行事に参加されていない方や足腰が悪く外出が大変な方にも声を掛け、参加してもらえるような工夫をしていきたい」と、飯坂会長は、今後の抱負を語っていました。

2007年2月 第275号より

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2007年2月 9日 | パーマリンク

3年間を見据えた事業計画

通常社員総会(5月)に向け
中期計画案(07年度~09年度)の策定作業すすむ

 前回の通常社員総会で、「2000年代後半期計画づくりの今後の課題」が確認され、昨年11月の理事会で中期計画策定委員会が設置されました。

続きを読む: 3年間を見据えた事業計画

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2007年2月 5日 | パーマリンク

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会