【Library TOPへ】

禁煙外来のお知らせ

稜北内科・小児科クリニックでは
2006年(平成18年)7月より禁煙外来を開始しました。

健康保険を使ってチャレンジできます!

「やめたい、やめたいけど・・・」
「また失敗してしまった・・・」

こういった経験のある方は、あきらめずに窓口やお電話でご相談下さい。

禁煙外来担当医  犬童 伸行 院長
            佐々木 悟 医師
            大城 忠   医師

続きを読む: 禁煙外来のお知らせ

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2008年10月 1日 | パーマリンク

お知り合いの医学生・医学部ご入学の方をご紹介ください。

 北海道民医連では、将来北海道の地域医療を担うべく、患者、地域住民の立場に立ち親切で良い医療を行う医師をめざす医学生を対象に、奨学貸付金制度を設けています。奨学金の額は以下のとおりです。
 1年~6年 月額 120,000円
詳しくは、北海道民医連医師医学生部(TEL011-758-5344)、
または道南勤医協の病院・診療所までお問合せ下さい。

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2008年10月 1日 | パーマリンク

整形外科コラム 外反母趾について

外反母趾は圧倒的に女性に多い病気で、その原因としては先天性のもの、遺伝的要素によるもの(母や祖母が外反母趾であった)、足の軽度の神経麻痺や筋力低下によるものなど様々なものが考えられます。しかし一番大きな要因は靴であるといわれています。特にハイヒールはちょうど先端が3角形に細くなった滑り台に相当し、ハイヒールを履いて1歩1歩、歩くたびに足は滑り台の上を滑って前方に押し出され、母趾の先を外側に強く曲げる力が加わります。指を外に曲げる力は体重の4分の1ともいわれ、体重50kgの方なら歩くたびに12.5kgの力が母趾の横方向に加わる計算になります。

続きを読む: 整形外科コラム 外反母趾について

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2008年10月 1日 | パーマリンク

ケアワーカーの一口メモ 褥創の予防

褥創(床ずれ)とは、ずっと同じ姿勢で寝ていることで、体の一部に圧迫や摩擦、血行不良などにより、炎症を起こすことを言います。褥創の予防として大切なことは、日頃の栄養管理など全身の管理と共に、局所にかかる体圧を分散させ、皮膚の血流を阻害しないようにすることです。

続きを読む: ケアワーカーの一口メモ 褥創の予防

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2008年10月 1日 | パーマリンク

特定健診の受診券届いていますか

友の会函診地域協議会では、友の会員の特定健診対象者に、電話がけを行っています。「『受けてみようか』と言ってくれる会員は、20件かけて1件ぐらいの割合です。多くの方が、受診券は送られてきたが受診のしかたがわからないでいるようです。電話がけや、声がけは大切な取り組みです」と友の会函診地域協議会の役員の方は話しています。

続きを読む: 特定健診の受診券届いていますか

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2008年10月 1日 | パーマリンク

内視鏡検査を受けましょう

臨床検査技師 石田 英人

内視(endoscopy)とは、内部(endo)を視ること(scopy)で、そのための器械が内視鏡(endoscope)です。1868年(明治元年)に、ドイツの内科医クスマウルは、剣を呑み込んで見せる曲芸師を見て、芸人に金属筒を呑み込ませて、食道および胃粘膜を垣間見るのに成功したことが消化器内視鏡の原点であるとされています。

続きを読む: 内視鏡検査を受けましょう

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2008年10月 1日 | パーマリンク

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会