訪問看護ステーション稜北 訪問リハビリテーション始めました

4月から稜北病院では訪問看護ステーションからの訪問リハビリテーションを始めました。訪問リハビリテーションは、ご家庭に直接リハビリの専門技師が訪問いたします。

自分でできることを増やし、寝たきり状態を防ぎ、生活範囲を広げ、快適で豊かな生活を送ることができるように支援を行います。

1 通院が困難で、自宅でリハビリが必要な方
2 退院・退所後、自宅での生活に不安のある方
3 自宅療養中で、日々の生活に介助を要する方
4 介助方法の指導や住宅改修の助言が必要な方
5 生活不活発のため、日常生活能力が低下してきた方
6 日常生活動作の練習が必要な方(歩行、食事、トイレ、入浴等)

 このような方や、病院でのリハビリが受けられなくなって困っている方がいましたら、訪問リハビリテーションをぜひご利用下さい。
まずは6年目の岩崎祐介作業療法士が10月まで午後から半日間、11月から午前午後の1日間の予定で訓練を行っていきます。利用者からは「リハビリ技士が自宅に来てくれるのでうれしい。」という声も聞かれます。地域の皆様の期待に応えられる訪問リハビリテーションをめざします。

稜北病院リハビリ部技師長 笠原 毅

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2009年5月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会