健康あらかると 腰痛・肩こりに対する痛点注射(トリガーポイントブロック)の効果

医師 及能義広

 腰痛・肩こりの原因のひとつとして背骨を支える筋肉の異常硬直が考えられます。体に負担のかかる無理な姿勢を続けることで筋肉に小さな傷がつきます。

 体に負担のかかる無理な姿勢を続けることで筋肉に小さな傷がつきます。すると自律神経の一種である交感神経が優位に働き、結果として筋肉の血流不足を招きます。血流不足になると筋肉が酸素不足になり異常硬直(スパズム)を起こし、血液中に発痛物質が生成され、これを知覚神経の先端にある痛みセンサーが感知し、痛みの情報が電気信号となって大脳に伝わり、痛みを感じることになります。この状態が慢性化すると、やがて筋肉の中にはコリコリとした硬いしこりができ、押すと痛みの現れる部分になります。これを圧痛点と呼びますが、押すとその部分だけでなく、別の場所にも痛みが広がるようになるとこの部分を「トリガー(引き金)ポイント」と呼びます。

 こうした状態が続くと、脳が痛みに対して過剰反応を起こし、外からの刺激がほとんどない状態でも筋の硬直が続き、発痛物質も持続的に生成され続けるようになります。こうなるとますます筋の硬直化がすすみ、「痛みの悪循環」を起こし「痛みの慢性化」状態となってしまいます。  こうした状態を改善するには「筋肉に無理をかけない」、「正しい姿勢を心がける」、「血流を促すため体操、ウォーキングなどの軽い運動をする」、「マッサージで筋肉をほぐす」、「筋肉を温めて血流を良くする」といった方法があります。それでもなかなか改善しない場合には医療機関にかかることになりますが、昔から有効な治療法のひとつとして痛点注射(トリガーポイントブロック)があります。これは整形外科だけでなく、麻酔科や一般内科の先生でも昔から良く行っており、「局注」「ブロック」と呼ばれることもあります。

 これはトリガーポイントに局所麻酔薬を皮下または筋肉に少量ずつ注射するものです。この効果として「発痛物質を洗い流す」「過敏になっている交感神経の働きを抑え血流を改善する」「異常硬直している筋肉をゆるめる」「知覚神経を走る痛みの電気信号を遮断して、脳に伝わるのを防ぐ」があります。麻酔はせいぜい1―2時間しか効かないのですが、痛みの悪循環を断ち切ることにより数日以上にわたって効果が持続します。週に1回程度の注射を数回行うことですっかり治ることもよくあります。

 注射に使う針は非常に細いため、針を刺す痛みはほとんどありません。しかし欠点として頻回に注射をすることによって感染、出血を起こしやすくなることがあります。またごく稀なケースですが薬剤のアレルギーで使用できない患者さんもいます。針をさすことで内臓を傷つけることがあるため胸や腹部などの部位には注射できません。もちろんこの注射はすべての痛みに対して万能ではありません。筋肉痛性の腰痛や肩こり、筋違いには効果が高いのですが、関節痛や神経痛には他の方法(ヒアルロン酸の関節内注射や神経ブロック等)で治療を行う必要もあります。

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2009年8月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会