函館稜北病院 明るく開放的に3病棟がリニューアル

20100501pic1_1.jpg

デイルームは広くなり、洗面台を2台設置

 現在の三病棟は、急性期一般病棟ですが、高齢化に伴い、医療と介護が切り離せなく、療養しやすく介護しやすい病棟を目指して、2月中旬から3月末までの改修工事を行いました。

 使い勝手の悪かった二部屋を一部屋六床室に改修しました。ナースステーション前の部屋が六床室から四床室となりました。車椅子利用の患者さんでも狭くなく動きやすい環境となりました。もとのデイルームの場所には二床室が新たにでき、デイルームがナースステーションの前になりました。デイルームには、車椅子の方でも利用できるような洗面台を二台設置しました。車椅子用トイレも二個増設となりました。ナースステーションは、デイルームに向かっている壁がなくなり、開放的なつくりとなりました。
 「病棟が明るくなり、開放的になりましたね」などと、患者さんたちにも喜ばれています。
 まだ、整理しなければならないところはありますが、患者さんが療養しやすくなっただけではなく、私たちスタッフにも介護しやすい病棟になったと思います。工事期間中入院患者さんやご家族、ご面会の方達にも大変ご迷惑をおかけしました。ご協力ありがとうございました。

                          

稜北病院3病棟看護師主任 古岡 美紀

20100501pic1_2.jpg

車椅子用トイレを2箇所増設

20100501pic1_3.jpg

ナースステーションもオープンに

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2010年5月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会