健康あらかると 「特定健康診査」受けられましたか?

臨床検査技師 山崎 淳子

 2008年4月から始まった新しい健診「特定健康診査」(特定健診)は別名メタボ健診と呼ばれ、これはメタボリックシンドローム予備軍を早期発見し、適切な指導を行うことが目的とされていますが、そもそもこのメタボリックシンドロームの意味や健診内容について皆さんご存知でしょうか?

 近年、高血圧や高脂血症・糖尿病といった生活習慣病はそれぞれの疾患は単独ではなく互いに関連して発症し軽度の段階であっても重なると動脈硬化が急速に進行することが明らかになてきました。そしてその生活習慣病の要因が内臓脂肪であることもわかってきました。脂肪が過剰にたまった状態である内臓脂肪を基盤に高血圧・脂質異常・高血糖が重複している状態を「メタボリックシンドローム」といいます。

 では一体何を重視するのでしょうか?それはズバリ「腹囲」です。メジャーを用いておへその位置のおなかまわりを測り内臓脂肪を推測するのです。男性は85?以上・女性は90?以上の方が内臓型肥満の目安となります。(食後すぐはおなかが出てしまうので、できれば空腹時が良いでしょう。ウエストではありませんので女性の方は特にご注意ください。)
 肥満の種類も男女で少し違ってきます。立った姿勢で足元をみてください。もしぽっこりおなかが邪魔をするようなら「りんご型肥満」です。男性に多い体型でこれは主に内臓に脂肪がついた状態で、動脈硬化を引き起こしやすく心筋梗塞や脳血管疾患にまで発展する可能性も高くなります。

 一方、女性に多いのは下半身の皮下に付着する「洋なし型肥満」。こちらはおおむね皮下脂肪なので重篤な病気に結びつく可能性は高くありませんが、わき腹を指でつまんでみてください。たっぷりつまめるのなら「洋なし型肥満」です。

 メタボ健診では、その腹囲を基本に血液結果・血圧・喫煙の有無などを考慮して生活習慣改善に重点をおいた指導でメタボ解消を目指します。メタボ健診は40~74歳の被保険者・被扶養者に義務づけられている健診で、まだ一度も受けたことがない方、昨年受けて大丈夫だった方も毎年一度は必ず受診して自分の健康は自分で管理しましょう。

「特定健診」項目一覧

1.問診:既往歴・喫煙の有無・服薬歴・自覚症状など
2.肥満チェック:身長・体重・BMI・腹囲
3.血圧チェック
4.血液チェック:肝機能(GOT・GPT・γ-GTP )
脂質(中性脂肪・HDL、LDLコレステロール)
血糖
*グリコHbA1c *貧血検査 *尿酸
*クレアチニン
*印の項目は、函館市国保の方のみの追加項目です。
5.尿検査:尿糖・尿タンパク

 函館市、江差町にお住まいの友の会員さんは、稜北病院、稜北内科・小児科クリニック、函館診療所、江差診療所で特定健診を受診していただくと心電図検査、胸部レントゲン検査、貧血検査、総コレステロール検査を追加料金なしで受けることができます。ぜひ、ご利用下さい。

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2010年6月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会