体を動かして (22) 肩こり体操

 肩こりは多くの人が感じており、頭から肩・背中にかけて痛み(時には刺す様に)、重だるい、張る感じがするなど感じ方は人それぞれです。では、なぜ肩こりは起きるのでしょう?これは長時間同じ姿勢をとり続けること、精神的に緊張して肩に力が入り続けていること、目の疲れなど様々な原因があります。今回は、この肩こりを少しでも良くする為の体操をご紹介したいと思います。

 注意点は無理をせず、痛みが強い場合は回数を減らすか中止してください。少し動いて息切れ、立ちくらみを起こす方はやめましょう。

※それぞれ一回10秒を2、3回。時間がないときは効果のあったものを優先的に行いましょう。

【首の運動】

①左右に首を倒す。

pic2010111_3.jpg

②前後へ首を倒す。

pic2010111_4.jpg

【肩周囲の運動】

①肩を上げ下げする。

pic2010111_5.jpg

②胸の前で手を合わせて力をいれる

pic2010111_6.jpg

③腕を交差したあと、腕を後ろの方へ力を入れる

pic2010111_7-8.jpg

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2010年11月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会