体を動かして (23) 変形性膝関節症の予防と疼痛緩和

 変形性膝関節症とは、膝関節の軟骨のすり減りや筋力の低下が要因となって、炎症が起き、関節が変形する事で痛みが生じる病気です。痛みの部位は内側が多く、中高年の方に多い病気で女性に多い疾患です。

 今回は、変形性膝関節症の予防~疼痛緩和トレーニングを紹介します。毎日少なくとも1セット(左右20回)のトレーニングを行うようにします。


pic20101201_02-03.jpg
pic20101201_04-05.jpg
pic20101201_06-07.jpg

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2010年12月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会