健康あらかると~高山病について

医師 長谷川 昭一

 高所では空気がうすくなり、酸素の量も減ります。体が高所に適応できず症状が出た場合、高山病と判断します。通常は2500mくらいから発症することがあります。国内では富士山やアルプス、海外ではヨーロッパ、南米、チベットなどの観光地で注意が必要です。

*症状

 代表的な症状は以下の5つです。

①頭痛
②消化器症状(食欲不振、吐き気、嘔吐)
③疲労、脱力
④めまい、ふらつき
⑤睡眠障害

 人により症状の出かたはさまざまですが、頭痛がもっとも多くみられます。私の場合、睡眠障害が特徴的でした。
 他人から見てわかる変化としては、精神状態の変化、運動失調(まっすぐ歩けないなど)、顔や手足のむくみなどがあります。
 高山病で注意しなくてはならないものは、高地肺水腫と高地脳浮腫です。肺水腫は肺に水分がしみだした状態で、呼吸がたいへん苦しくなります。脳浮腫は脳がむくんだ状態で、うまく歩けず意識がなくなるなど命の危険があります。こういう状況はぜひとも避けなければなりません。

*検査

 血液の酸素飽和度を測定するパルスオキシメーターが手軽で有用です。健康な人は平地で90%を下回ることはまずありませんが、高地では空気中の酸素の量も減るので標高を上げるに従い酸素飽和度は低下します。ヒマラヤの6500m地点で測ったところ、平均で60%台だったことを経験しています。酸素飽和度が急激に低下したり、他の人と比べ極端に低い場合はそれだけでも下山の目安となります。

*治療

 治療の基本は楽になるまで高度を下げることです。私の経験では500m降りるだけでも相当効果があります。やむをえず下山できない場合は酸素吸入やガモフバック(携帯型加圧バック)を使うこともありますが、少し時間稼ぎができるくらいに考えなくてはなりません。

*予防

 荷物は軽くし、ゆっくり歩きましょう。水分をたくさんとり、意識して腹式呼吸をするようにしましょう。標高3000m以上では寝る場所を1日に300m以上上げず、標高1000m上げるごとに休息日を設けるとよいでしょう。
 アルコールや睡眠薬は睡眠中の呼吸状態を悪化させる可能性があり、高所では控えましょう。 それでは以上に注意しながら、登山を楽しんでください。

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2011年2月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会