コミュニティーレストラン付き高齢者専用賃貸住宅この秋いよいよ着工へ2012年春完成予定(NPOりょうほく)

1003_01.jpg
完成予想図(建設予定地 函館市中道2丁目51-1)
コミュニティーレストラン付き高齢者専用賃貸住宅、キッチンセンターの建設が、この秋いよいよ着工します。完成は来春の予定です。建設地は稜北病院裏玄関側。道南勤医協はじめ民医連道南ブロックの共同事業として取り組まれます。今回の事業について、NPOりょうほくの石川事務局長にお聞きしました。 高齢者専用賃貸住宅  高齢に伴い、「段差のある家での生活が大変」、「災害等もしもの時1人では不安」「誰とも話をしない日がある」などの声が多く聞かれます。こうした中で、高齢者向けの住宅であればバリアフリーで移動も楽、緊急時の通報システムが備わり、少しの見守りがあれば、1人での生活を継続することも可能になります。賃貸ですから、持ち家をそのままにしての入居も可能です。また交流スペースもあり孤立することも防げます。  2階・3階が居室で全20戸。1階は、入居者用の居間・食堂、浴室、ランドリーなど共用施設です。  ヘルパーステーションもあり、介護サービスも受けやすくなります。コミュニティーレストランで地域のお仲間とお茶を飲んでおしゃべりも楽しめます。 (住宅の家賃等は表参照) コミュニティーレストラン  当面は日替わり定食のみ500円で提供します(予約でお弁当のテイクアウトも可能)。本格稼働後はカレーやラーメンなど新たなメニューも増やす予定です。食事の時間以外は、飲み物のみの提供になります。  地域の単身者、高齢者、子育て中の世代が、気兼ねなく食事ができるスペースを目指します。もちろん、職員、社員、友の会、患者さん、一般の方も利用できます。  おしゃべりが弾み、いろいろな世代と交流ができます。友の会の力も借り、お茶出し、お話相手ボランティアを募集します。  営業時間は10時~16時、食事は11時~14時の予定です。 キッチンセンター  レストランの食事提供の他に、稜北病院の入院給食や通所リハビリ、らいふ赤川、らいふ松陰、高齢者住宅の食事も提供します。  スチームコンベクション(大型加熱機)、ブラストチラー(急速冷却)、真空調理機などの調理機械を活用した新調理システムを導入します。HACCP(危害分析重要管理点)基準にもとづき、安全、安心の食事を提供します。 NPOりょうほく 寄付金にご協力下さい(一口千円以上)  高齢者賃貸住宅の入居等のお問い合わせは、NPOりょうほく ケアセンターらいふ赤川 電話0138-85-6068 高齢者専用賃貸住宅のご案内 ①入居対象 60歳以上の高齢者  (以下、高齢者専用賃貸住宅の基準に準拠) ②居  室 1戸面積18㎡(約11畳)、各戸に洗面、トイレ(車イス可)、収納の設備(廊下側にも各戸収納有り)。IHクッキングヒーター(湯沸かし用)、緊急時通報システム(1階事務室へ)、冷房・暖房完備。 ③共用設備 ユニットバス2か所、居間・食堂、コインランドリー(200円予定)、トイレ、廊下、出入口は車いす可能。エレベーター、スプリンクラー設置(居室も) ④家 賃 等(予定)  家    賃 月額  45,900円(家賃等は当月末までに翌月分を支払い)                          ※入居時、敷金は家賃1か月分、ほか入居 時一時金等(敷金を除く)なし       管 理 費 月額  15,000円       食 事 代 月額  37,800円(1日3食)       冷房・暖房費 月額   6,000円           月額負担額 104,700円 ⑤サービス体制 生活相談、ヘルパーステーション併設(1階)、管理人常駐、休日・夜間も宿直体制(1階事務室)

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2011年10月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会