健康あらかると「胃アニサキス症」のはなし

八雲ユーラップ医院院長 奥山 敬
はじめに  あなたが、急に上腹部に差し込むような痛みを感じ、吐き気がしたり、実際に吐いたりして病院を受診したとします。  病院ではきっと「症状が出る前に食べたもので何か思い当たるものはありませんか。たとえば刺身や生寿司などの生もの、魚介類は食べていませんか」ということを聞かれると思います。  これは胃アニサキス症といって、アニサキス幼虫という魚介類にいる虫が悪さをしているかもしれないからです。 北海道では秋から冬にかけてが、胃アニサキス症の多くなる季節です。
アニサキスとは  魚をさばいたときに、2~3㎝の白っぽい糸くずのような虫を見たことはありませんか。あれがアニサキス幼虫です。アニサキスはイルカやクジラなどの寄生虫です。幼虫がオキアミの中に入り、それが小魚に食べられ、さらに大きな魚に食べられたとします。そして首尾よく、生きてイルカやクジラに摂取されると、幼虫はその胃に頭部を刺し込んで成虫にまで発育します。  ヒトでは、胃や腸壁に刺さりこんでも発育することはできません。いずれ死んでしまうわけですが、それまでに様々な症状を引き起こすことがあります。アニサキス幼虫は70℃以上では瞬時に死んでしまいます。ですから、煮たり焼いたりすれば問題はありません。-20℃以下では数分で死んでしまいますから冷凍物も安全です。近海物で生きのいいものを生で食べる時が要注意です。短時間でも胃の中でも生きているくらいですから酸には強く、酢でしめても死にません。わさびをつければ死ぬという俗説もありますが、残念ながら本当ではありません。原因となる魚種としては、北海道ではタラ、オヒョウ、イカ、サバなどが多いようですが、どの魚にもいると考えた方がよさそうです。
症  状  アニサキス幼虫がヒトの体の中に入っても素通りしてしまえば問題はありません。  元気のよいアニサキス幼虫が胃壁に刺入すると、原因となる食品をとった2~8時間くらいで上腹部痛、吐き気、嘔吐などの症状が出てきます。ジンマシンを伴うこともあります。何回もくりかえすヒトもいます。1度目はあまり症状が強くなく、2度目以降に症状が強く出るようです。
治  療  痛みは、アニサキス幼虫が「刺さった」からというわけではなく、刺さった幼虫が原因になってアレルギー性胃炎を起こすことによると考えられています。ですから、治療は胃カメラを使って原因となる虫体を除去してしまうのが一番です。胃カメラで粘膜の腫れているところ、赤くなっているところを丹念に探します。虫体を除去してしまえば、たいてい1日以内に症状は治まりますが、念のため数日間胃薬を服用してもらいます。
おわりに  胃アニサキス症を完全に予防しようとすれば、生の魚介類を食べないことに尽きると思います。魚介類は冷凍を義務付け、生では流通させないという国もあるそうです。  刺身は、近海物の生、冷凍物はちょっとという方、こういう病気もあることを知っておいてください。  でも刺身も寿司もやっぱり地物の生ですよね。

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2011年11月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会