共同の輪をさらに広げましょう 新名称/民医連道南ブロック友の会

民医連道南ブロック友の会

 第29回道南勤医協友の会連絡会総会が、6月16日に函館市亀田福祉センターで、164名の参加で行われました。

 今回の総会で名称を民医連道南ブロック友の会に変更し、新たなスタートをしました。全日本民主医療機関連合会(略称・民医連)に加盟し、民医連道南ブロックを構成している法人は、道南勤労者医療協会、函館保健企画、NPOりょうほくです。
 民医連道南ブロックとの連携を密に、幅広い活動を展開できるように、実態に即した新しい会則のもとで活動していくことになりました。今後、医療分野だけでなく介護分野での役割が増えていく中で、あらゆる人たちと共同で運動をすすめて行けるよう奮闘します。
 名称は変わりましたが、活動内容はこれまでと同様です。新しい名称となった「友の会」、みなさんとともに大きく飛躍させていきましょう。

(民医連道南ブロック友の会事務局長 舩木 幸子)

各友の会の発言

 総会での発言は、「訪問行動について」、「市営住宅にお風呂をつくる会の取り組み」、「上ノ国健康友の会を結成した経過」、「友の会員の人口比30%を維持してきた活動や、地域医療を守る取り組み」、「孤独死をなくすための友の会活動」、「高齢者住宅らいふ中道とキッチンくつろぎについて」など、1年間の取り組みについて六名からあり、一名から会則について意見が出されました。会の名称変更をはじめ、全ての議案が決定されました。

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2012年8月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会