健康あらかると 「慢性腰痛」には運動療法が効果的

函館稜北病院院長(整形外科医) 及能 義広

 整形外科を受診する患者さんが訴える症状のトップはおそらく「腰痛」と思います。ところが、この「腰痛」を訴える人の約85%はその原因が特定できないため、一括して「非特異的腰痛」と言われます。病院を受診すると腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症等々、様々な病名を付けられた人が多いと思います。ところが厳密に言うとこれらの病名は「坐骨神経障害」(お尻から太もも~足にかけてのしびれ、ツッパリ、脱力などの症状を言います)の原因となる病名であって、いわゆる「腰痛」(背中~腰~お尻~股関節近くにかけての痛み)そのものの原因とは必ずしもなりません。確実に腰痛の原因となる病気とは、転移癌などの腫瘍、結核を含む感染症、骨粗鬆症や外傷による骨折などがあげられます。これらは検査で明らかな異常が指摘できます。ところが、いわゆる非特異的腰痛の代表ともいえる「ぎっくり腰」については自分で動くこともできないくらい強烈な痛みで病院を受診しますが、レントゲン、CT、MRIなどの画像検査や血液検査では通常異常を指摘できません。「ぎっくり腰」の原因については諸説あり確実なことはいえませんが、幸いなことに「ぎっくり腰」の多くは数日間のうちに改善します。

 実は今まで一度も腰痛や坐骨神経痛を経験していない方の腰のMRI検査をすると、かなり高い確率で椎間板ヘルニアが発見されることがわかっています。りっぱな椎間板ヘルニアがあるにもかかわらず、症状が出る人と、無症状の人との違いがなぜ出るかはまだよくわかっていません。ヘルニアが神経を機械的に圧迫するだけでは症状は出ないことがあり、何らかの外傷や炎症、化学物質の関与があって症状が出ると思われます。高齢者で腰の骨の変形が強いにもかかわらず、やはり腰痛と無縁の方もたくさんいらっしゃいます。画像での異常と腰痛は必ずしも関係しないことがあるということです。ただし骨粗鬆症のある高齢者が尻餅をついたり、重いものを持ったりして腰痛が発症する場合は背骨の圧迫骨折を起している場合が多いので注意が必要です。

 そして最近「腰痛」の原因となる可能性が指摘されてきたのが「精神・心理的要因」や「社会的要因」です。具体的には「うつ病」の人は普通の人よりも痛みを数倍から数十倍感じやすいといわれます。職場や家庭で「ストレス」や「トラブル」にさらされ、「悩み」「不安」「不満」が強いと腰痛を発症しやすいし、慢性化しやすい。また外傷などで発症した急性の腰痛が長く続くと、脳の一部が活性化されて間違った痛みの記憶が残り、元の肉体的疾患が治ってもいつまでも脳で痛みを感じることがあるということがわかってきています。大雑把に言えば難治性の慢性腰痛のおよそ3割はこれらの要因が原因と言われます。対策としては「うつ」や「不安」を抑える薬を使う、神経ブロック等で痛みを一時的にでも止めて「痛みの悪循環」(痛いと動かなくなる→動かないと、筋肉が弱くなる、硬くなる→体が硬くなると、動くと余計痛くなる)を断ち切る。「痛み」に固執せず支障のない範囲で早期に日常生活に戻るなどの方法が勧められています。

 「腰痛」の原因について様々な要素があって、わからないことが多いわけですから、治療についてもマッサージや整体、針灸から始まって薬、注射、運動療法、手術治療まで実に様々な方法があるのが当然で、逆に言うと決定打はないわけです。「ぎっくり腰」の場合は長期間安静を保ちすぎるとかえってその後の経過がよくないことがわかっており、お仕事を含む普段の活動をできる範囲で早めに始めたほうが望ましいとされています。最近では非特異性の慢性腰痛には腹筋や背筋等の腰を取り巻く筋力を強化したり、ストレッチングで伸ばしたり、各種の筋肉の動きを調整する運動・体操療法が有効であることが科学的に証明されてきています。インターネットや書籍で具体的な運動のしかたは様々見つかりますが、運動後痛みが増強せず、疲れが蓄積しない範囲でなら問題ありません。(例として「腰みがき」でインターネットの検索をしてみて下さい。)

 当院整形外科では入院・外来のリハビリに特に力を入れており、個々の患者さんにあった適切な治療法を相談して選択していきたいと思います。

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2012年9月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会