地域に広げよう友の会の輪

 6月~7月に訪問して行った65歳以上の友の会員さんを対象としたアンケートに、85名から協力をいただきました。世帯構成では一人暮らしの方、高齢者夫婦の方がそれぞれ3割以上でした。一人でいると何日も誰とも話さない、何かあったら不安という方が多くいらっしゃいました。
 アンケートにご協力いただいた友の会員の声を紹介します。

近くに頼りにできる人がいなく不安  函館市 80歳 女性

 一人暮らしになって3年半。二人の子どもは関東方面で暮らしています。函館出身で、この地域に住んで50年以上になります。学生時代の友達や、近所にも友達が沢山いましたが、今では子どもを頼って札幌や本州に行ったり、認知症になったり、亡くなったりしています。何かあったときに、近くに頼りにできる人がいなく不安です。東日本大震災の翌日に、郵便配達の人が顔を出してくれた時は、ありがたかった。テレビで流れる孤独死のニュースを見ると他人事ではないと思っています。

誰とも話をしない日が、月に何日も  函館市 77歳 女性

 22年前に主人が亡くなりました。11年前に家を二世帯住宅に新築して息子夫婦と暮らしています。何かあればすぐに駆けつけてくれますが、日中は一人で、食事も別々です。誰とも話をしない日が、月に何日もあります。週一回の体操と月二回の手芸サークルの日を楽しみにしています。鍛治友の会の料理教室に参加している友達から、料理を作ってみんなで食べて楽しんでいる話を聞きました。この地域でも料理教室のような集まりや懇談会など行ってほしいですね。

友の会からの声かけうれしい  五稜郭地区友の会 伊藤 京子

 東京から移り住んで10年。家で本を読んだり、ラジオやテレビを見ている毎日でした。友の会の方から、「しゃべくりカフェ」の誘いがあり、参加しています。何気ない会話や、みんなの笑顔から元気をもらっています。4月に行われた「野の花鑑賞と温泉の集い」では、色々な野の花を見たり、道中での会話も弾み、楽しい1日でした。「年に数回あればいいね」と参加した人と話していました。友の会から「元気にしてた?」と、たまに電話など、声を掛けてくれるのもうれしいです。

10月~11月 友の会まちづくり月間

  1. ① 会員拡大 ・・・・・・ 600人
  2. ② 「いつでも元気」誌普及 ・・・・・・ 50部
  3. ③ 高齢者の声がけや助け合い活動を広げましょう。
  4. ④ 署名を集めましょう。
      ・「原発署名」 ・・・・・・ 6,000筆
      ・「医療・介護署名」 ・・・・・・ 3,000筆
  5. ⑤ 医療懇談会を開催しましょう。
  6. ⑥ 友

    投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2012年10月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会