【Library TOPへ】

「2012 働く人びとのいのちと健康をまもる北海道セミナーin函館」開催 畑中恒人先生が特別講演

 10月27日~28日に「2012働く人びとのいのちと健康をまもる北海道セミナーin函館」が、亀田福祉センターで「まともな働き方を取り戻そう」をテーマに開催されました。畑中恒人先生による特別講演「なぜ、道南に振動障害・じん肺患者が多いのか」の要旨を紹介します。

 1986年に青函トンネルの本坑が貫通されました。函館診療所が開院して10年経っていました。この間のトンネル抗夫の振動障害は六人。道路工事や林業関係の振動障害が多かった頃でした。「トンネル工事の切羽を見ておきたい」という思いで、函館民主商工会の協力で貫通前の1年間に二度ほど見学させてもらいました。切羽ではジャンボが物凄いうなり声をあげ、温度計が30度、湿度計が100%を示していたことが今でも鮮明に記憶に残っています。

続きを読む: 「2012 働く人びとのいのちと健康をまもる北海道セミナーin函館」開催 畑中恒人先生が特別講演

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2012年12月 1日 | パーマリンク

道南地域で53番目の友の会 美原一丁目友の会が結成総会

 10月16日に、美原商店街振興組合事務所で、21名の参加で行われました。会長に上田弓人さん他役員が選出されました。

 上田会長は挨拶で、「美原一丁目友の会結成のきっかけには、既に活発に活動している美原4.5丁目友の会の働きかけがありました。美原一丁目友の会では、道南勤医協だよりの宅配が未実施地域であることから、まず、美原一丁目の友の会員による宅配を実施することになりました。宅配は会員との会話を通じ、大腸がん無料検診をすすめたり、いろいろな情報交換ができることなどから、友の会結成へと結びつくことができました」と、結成までのとりくみについて紹介されました。

続きを読む: 道南地域で53番目の友の会 美原一丁目友の会が結成総会

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2012年12月 1日 | パーマリンク

簡単・お手軽 お料理レシピ (9)骨や歯を丈夫に「豆腐のみそ焼き」

  1. 豆腐は布巾かキッチンペーパーに包みレンジ強で2~3分くらい加熱して、水切りをし、4等分に切る。
  2. フライパンにバターを熱してエリンギとブロッコリーを炒め、豆腐を加えて燒き焼き色がついたら味噌と砂糖をまわし入れ、豆腐をくずさないように炒め合わせる。
  • 材料(2人分)
  • ・木綿豆腐 ・・・1丁(300g)
  • ・バター ・・・ 小1
  • ・エリンギ(乱切り) ・・・ 1本(50g)
  • ・ブロッコリー ・・・1/3(100g)
     (小房に分けてゆでる)
  • ・味噌 ・・・ 大2
  • ・みりん ・・・小1

続きを読む: 簡単・お手軽 お料理レシピ (9)骨や歯を丈夫に「豆腐のみそ焼き」

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2012年12月 1日 | パーマリンク

健康あらかると 腱板損傷(腱板断裂)~肩が痛くて上がらない~

函館稜北病院リハビリ部 作業療法科主任 三上 智子

【腱板損傷とは】

 肩の深部にある回旋筋腱板という腱性組織の損傷です。原因は主に肩に急激な外力が加わること(ぶつけた、重いものを持ち上げたなど)と言われており、スポーツ選手に多くみられますが、加齢による腱板の変性と強度低下により軽度な外力でも断裂が生じることもあります。実際、リハビリに訪れる患者さんの中にも「何もしていないのに」腱板損傷を起こしたという方も多くいらっしゃいます。肩関節は肩甲骨と上腕骨と鎖骨より構成されていて、腱板は主に肩甲骨に上腕骨を引きつける役割を果たしています。そのため腱板が切れた状態では上腕骨がスムーズに動かなくなり腕を上げた時引っかかりや違和感を感じます。それが続くと関節周囲の組織が炎症を起こし痛みを生じるようになります。

続きを読む: 健康あらかると 腱板損傷(腱板断裂)~肩が痛くて上がらない~

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2012年12月 1日 | パーマリンク

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会