健康あらかると 腱板損傷(腱板断裂)~肩が痛くて上がらない~

函館稜北病院リハビリ部 作業療法科主任 三上 智子

【腱板損傷とは】

 肩の深部にある回旋筋腱板という腱性組織の損傷です。原因は主に肩に急激な外力が加わること(ぶつけた、重いものを持ち上げたなど)と言われており、スポーツ選手に多くみられますが、加齢による腱板の変性と強度低下により軽度な外力でも断裂が生じることもあります。実際、リハビリに訪れる患者さんの中にも「何もしていないのに」腱板損傷を起こしたという方も多くいらっしゃいます。肩関節は肩甲骨と上腕骨と鎖骨より構成されていて、腱板は主に肩甲骨に上腕骨を引きつける役割を果たしています。そのため腱板が切れた状態では上腕骨がスムーズに動かなくなり腕を上げた時引っかかりや違和感を感じます。それが続くと関節周囲の組織が炎症を起こし痛みを生じるようになります。

【どんな症状】

 「肩が痛くて上がらない」ということで、よく五十肩と混同されますが、五十肩は腕を上げれば上げるほど痛みが強くなるのに対し、腱板損傷では上げる途中や上げてから腕を下ろす途中で痛みが強くなるのが特徴です。夜に痛みが強くなる(夜間痛)も多くみられます。しかし、五十肩を合併していたり、逆に全く痛みが無い場合も多いので注意が必要です。

【どんな検査でわかるの】

 レントゲンでは腱板そのものが映らないため正確な診断は困難です。超音波検査やMRIを撮ると腱板の全体像がわかりやすく容易に診断がつきます。

【治療法】

 切れたり穴が空いた腱板は自然に修復されることはありません。従って修復を目指すのであれば手術しかありませんが、その適応は年齢やライフスタイル、症状の強さによって異なり一概に手術することがベストとは言えません。適切な薬物治療や安静、リハビリによって症状が改善する場合もあります。

【リハビリでは何をするの】

 ①関節可動域訓練(肩関節が固まらないように動かす)②筋力訓練(主に腱板を鍛える)③生活指導(痛みの管理)などです。

 予防として積極的にストレッチや筋力訓練をすることも大切ですが、自己判断で過度な運動をすると症状が悪化する場合もあります。まずは専門医を受診することをおすすめします。

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2012年12月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会