健康あらかると 物忘れとは違う認知症の話

薬剤師 木村 有里

 最近、物忘れがひどくなってきたけれど「年齢のせいだ」と片付けていませんか?日本の認知症の高齢者は、2012年時点で推計300万人を越えていると厚生労働省が発表しました。これは65歳以上の10人に1人が認知症を患っていることになります。

 では、単なる物忘れと認知症は何が違うのでしょうか? 単なる物忘れは、ヒントを与えられると思い出しますが、認知症はそのこと自体を忘れてしまいます。食事の内容を覚えていないのは単なる物忘れですが、食事をしたこと自体を忘れているのは認知症の可能性があります。また、曜日や日付を1~2日間違えるのは正常ですが、認知症は季節自体がわからなくなってしまいます。他にも、漠然とした体調不良を訴えたり、外出が億劫になる人も少なくありません。

 一言で認知症と言ってもいくつかの種類があります。アルツハイマー型や脳血管型、レビー小体型などです。もっとも多いのがアルツハイマー型認知症で、認知症の半数以上を占めていると言われています。このアルツハイマー型認知症は、脳の神経細胞が減って脳が小さく萎縮してしまうために症状が出ますが、その原因ははっきりわかっていません。そして、残念ながら完全に治るというような治療法はまだありません。しかし、お薬やケアによって進行を遅らせたり、症状を軽くすることは可能です。

 アルツハイマー型認知症の治療薬を紹介します。現在使用されているお薬は、大きく分けて2種類あります。1つ目は、アルツハイマー型認知症の方の脳内で減っているとされる物質(アセチルコリン)を増やす方向に働くお薬です。2つ目は、神経細胞を死に至らしめる原因になりうる過剰な物質(グルタミン酸)から、脳を守る方向に働くお薬です。これらのお薬は、認知症の進行の度合いによって使い分けたり併用されます。近年では、飲み薬だけでなく貼り薬も発売されました。お薬を飲むことが困難な方にも使用できるようになり、薬の管理をするご家族が、目で使用状況を確認できるため、負担の軽減につながります。このように新たな治療薬の開発により、治療の選択肢が少しずつ増え始めています。

 認知症は早くから治療を開始することが重要で、その進行を遅らせることは、少しでも長くその人らしい生活を保ち、支えるご家族の介護の負担を減らすことにつながります。最近では、若年者のアルツハイマー型認知症も話題になっており、決して高齢者だけの病気ではありません。あなたやあなたのご家族は大丈夫ですか?少しでもおかしいなと感じたら、まずは医師に相談してみましょう。

認知症チェックリスト

今切ったばかりなのに、電話相手の名前を忘れる
いつも探し物をしている
通いなれた道なのに間違える
料理・片付け・計算・運転などのミスが多くなった
新しいことが覚えられない
約束の日時や場所を間違えるようになった
些細なことで怒りっぽくなった
身だしなみを構わなくなった
趣味や好きなテレビ番組に興味を示さなくなった
外出が面倒になった

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2013年7月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会