健康あらかると 誤嚥性肺炎

函館診療所所長 長谷川 昭一

誤嚥性肺炎とは

 食物などが気管に入ることを誤嚥といいます。誤嚥により、細菌が唾液や胃液と一緒に肺に流れ込んでおきる肺炎をいいます。

誤嚥の仕組み

 食物は普通気管には入りません。これは、食物がのどの奥に進むと、脳から気管の入り口をふさぐよう命令がでるためです。しかし、高齢になったり、脳の病気をしたりすると、この命令の伝達がうまくいかなくなることがあります。

症状と診断

 発熱、咳、痰、頻呼吸などです。高齢者の場合、元気がないなどの症状しか前面に出ないことがあり注意が必要です。

 食事や飲水の際、むせたり誤嚥をおこしやすい病態(脳卒中、ねたきりなど)がある場合、胸部レントゲンやCTで診断します。

治療

 肺炎の原因となる細菌を殺菌する抗生物質を使います。胃液を肺に吸い込んだ場合は、副腎皮質ホルモンの薬を短期間用いて炎症を鎮めることもあります。呼吸状態が悪くなった際は、酸素吸入を行います。

 一定落ち着けば、飲み込みの機能を調べる検査(内視鏡や造影検査など)をします。様々な嚥下訓練も有効といわれています。

予防

  1. 1.口の中を清潔に
      加齢とともに唾液の分泌が低下し、口の中に細菌が増えやすくなります。歯磨きや入れ歯の手入れを励行しましょう。
  2. 2.食事のとり方に気をつける
      ゆっくりとよくかんで食べましょう。飲み込みが良くない場合、とろみをつける方法もあります。
      ベットで食事をとる場合は、上半身を起こした状態で食べましょう。食後はすぐに横にならないようにしましょう。
  3. 3.寝る姿勢について
      胃液が逆流しやすい人は、少し上半身を起こして休みましょう。
  4. 4.薬について
      その他、なるべく誤嚥しないよう薬物を使う場合もあります。

 誤嚥性肺炎は非常に苦しい肺炎です。日頃から注意して生活しましょう。

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2013年12月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会