健康あらかると 肺炎球菌ワクチンのおはなし

稜北クリニック看護師長 間 美妃

 この10月から高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチンの定期接種が開始されました。みなさんご存じでしたか? 対象になる方がちょっと複雑ですが、今年度は2014年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方と101歳以上の方が定期接種の対象となります。2015年度から2018年度までは、該当する年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方は定期接種の対象となります。ただし、すでに肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)を接種したことがある方は、対象とはなりません。

 なぜ、高齢者では特に肺炎予防が必要なのでしょうか?

 2011年から日本人の死因第3位が肺炎だからです。しかも、肺炎の死亡者のうち65歳以上の割合は96.5%なんです。今後高齢者人口の増加により、肺炎がますます増える可能性があります。

 どうして肺炎になるのでしょうか?

 日常でかかる肺炎は、主に細菌やウイルスなどが肺に入り込んで起こる肺の炎症です。症状としては、発熱、咳や痰、息苦しさや胸の痛みなどがあげられます。肺炎の原因となる細菌やウイルスは、人の体や日常生活の中に存在しています。高齢だったり病気があったりして、抵抗力(免疫力)が弱まった時などに感染を起こしやすく、重症化すれば死に至ることもあります。また、日常でかかる肺炎の原因菌で最も多いのは、「肺炎球菌」です。

 肺炎球菌など、肺炎の原因となる原因菌は、季節を問わず存在しています。もちろん、風邪や季節性のインフルエンザがきっかけになる場合もありますが、基本的に肺炎は時期に関係なくかかる可能性がある病気です。

 肺炎は、どのように予防すればよいのでしょうか?

 肺炎を予防するには、細菌やウイルスが体に入り込まないようにすることと、体の抵抗力を強めること、そして予防接種が大切です。

● 細菌やウイルスが体に入り込まないようにするには・・・毎日感染予防を

  • ・マスク、手洗い、うがいをする。
  • ・歯磨きなどで口の中を清潔にする。
  • ・誤嚥を防ぐ。
     (誤嚥とは:飲み込むことがうまくいかなくなり飲食物や唾液が食道ではなく気管に入ってしまうこと)

● 体の抵抗力を強めるためには・・・

  • ・禁煙をする。
  • ・規則正しい生活をする。
  • ・持っている病気を治療する。

● 予防接種を受ける

  • ・肺炎球菌ワクチンやインフルエンザワクチンを接種する。

 なぜ、予防接種が大切なのでしょうか?

 肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し重症化を防ぐためのワクチンです。ただし、すべての肺炎を予防できるわけではありません。インフルエンザも、肺炎を起こすきっかけになることがあります。

 インフルエンザをきっかけに感染に対する抵抗力が弱まり、そこに細菌感染をおこすことで、肺炎にかかることがあります。予防接種でインフルエンザを予防することも、肺炎予防につながります。

 かかりつけ医に相談しワクチン接種の計画をたてましょう。

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2014年12月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会