健康あらかると 尿失禁の予防について

理学療法士 長内 孝憲

尿失禁とは

 自分の意志とは関係なく尿がもれてしまうことです。加えて、これにより社会的・衛生的に支障を生ずるものと定義づけられています。実際に悩んでおられる方は実は大変に多いのですが、恥ずかしいので我慢している方がほとんどです。尿失禁の状態や原因に応じてきちんとした治療法がありますので、我慢せずに泌尿器科を受診する事も大切です。尿失禁は大きく分けて4つに分類されます。

腹圧性尿失禁

 急に立ち上がった時や重い荷物を持ち上げた時、咳やくしゃみをした時など、お腹に力が入ったときに尿がもれてしまうのが腹圧性尿失禁です。女性の4割を超える人が悩まされているといわれています。これは骨盤底筋群という尿道括約筋を含んだ筋肉が緩む為におこります。加齢や出産を機に出現したりします。

切迫性尿失禁

 急に尿がしたくなり、我慢できずに漏れてしまうのが切迫性尿失禁です。外出や乗り物に乗っている時等に大変困ります。本来は脳からの指令で排尿はコントロールされていますが、脳血管障害によりコントロールがうまくいかなくなるなど、原因が明らかな場合もあります。男性では前立腺肥大症も切迫性尿失禁の原因になります。

溢流性(いつりゅうせい)尿失禁

 尿が出にくくなる排尿障害があり自分で尿を出したいが出せない、でも尿が少しずつ出てしまうのが溢流性尿失禁です。

機能性尿失禁

 排尿機能は正常にもかかわらず、身体運動機能の低下や認知症が原因でおこる尿失禁です。例えば、歩行障害のためにトイレまで間に合わないなど。

 尿失禁する方は腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁が大半を占めており、この2つの予防・改善の為には骨盤底筋群の強化が有効と言われています。

 「骨盤底筋群」とは、骨盤の底で膀胱や子宮などが下がらないように支えている筋肉群です。妊娠や出産、肥満、便秘、加齢、ホルモンのバランスなどにより、骨盤底筋がゆるんで収縮する力が弱まると、尿道が十分に締まらなくなってしまいます。

骨盤底筋群トレーニング

  • ① 尿道・肛門・腟をきゅっと締めたり、緩めたりし、これを2~3回繰り返します。
      これによって骨盤底筋が鍛えられます。
  • ② 次は、ゆっくりぎゅうっと締め、3秒間ほど静止します。
      その後、ゆっくり緩めます。これを2~3回くり返します。
  • ・引き締める時間を少しずつ延ばしていきます。
  • ・1回5分間程度から始めて、10分~20分まで、だんだん増やしていきましょう。
  • ・仰向けでできるようになったら、いろいろな姿勢で上記の体操をやってみましょう。入浴中や家事をしながら、テレビを見ながらでもできます。

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2015年3月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会