戦争と中国人強制連行 森越智子さんが講演 「生きる 劉連仁の物語」

 10月28日に児童文学作家、森越智子さんを招き講演会がおこなわれました。著書「生きる 劉連仁の物語」を通して、日本軍による中国人の強制連行、強制労働など加害の歴史についてお話しされました。

(講演の要旨をご紹介します)

 1958年2月、凍えるような寒い日、当別町の山から突然一人の中国人が発見されました。劉連仁さんです。
 1944年、中国山東省の草泊村に住み、農作業中に日本軍兵士に連行されます。連行者は縄でつながれて飲まず食わず、列車と船を乗り継いで日本に連れてこられます。北海道にはまず函館の港で降り、検疫を受けて各地の炭鉱や鉱山、港湾に連れていかれました。

◯   ◯   ◯

 強制連行は国際犯罪になるので、兵隊または労働者として契約して来たと偽装工作をするわけです。劉さんも軍服に着替えさせられました。
 空知の沼田町にあった明治昭和炭坑へ劉さんら200人が到着。そのときは最初に中国の青島で着せられたボロボロとなった薄い軍服1枚。寒さだけではない、これから劉さんの地獄が始まったのです。

 炭坑で大きな落盤があり、仲間が生き埋めになりました。中国人は死んでも、またいくらでも連れてくればいいんだという考えでした。仲間を犠牲にして掘っている石炭が、戦争のエネルギーとなり、結果として仲間を殺していることにつながると劉さんは思います。1945年7月のある晩、収容所の脱出を試みます。便所の汲み取り口が唯一の逃げ場所です。便槽に沈み脱出しました。

 生きていればいつか故郷に帰れるかもしれない。偶然、ほかにも逃げ出した仲間と逃避行が始めるわけです。祖国中国へ向うつもりで、羽幌、稚内、網走、厚岸と北海道中を渡り歩きます。

◯   ◯   ◯

 戦後、GHQから戦争犯罪と訴えられた場合、申し開きができるよう外務省は東亜研究所というところに報告書をつくらせます。
 GHQへの報告後、文書は焼却処分命令が出ていました。しかし心ある調査員が、この歴史的資料を葬るわけにはいかないと、ミカン箱10個分もの報告書を密かに東京の華僑の倉庫に隠したのです。

 のちに放送記者がこの外務報告書を見つけ放映。初めて強制連行の全貌は明らかになります。
 この外務省の報告書と劉さんという生き証人により、日本政府は強制連行を認めざるを得なくなり、日本の加害行為に対して謝罪した「村山談話」につながっていったのです。

◯   ◯   ◯

 劉さんは、国家が大変な方向に走ったとき、人間がその犠牲になっていく。生命と尊厳が犠牲になることを許さず訴え続け、中国と日本が真の友好を結ばなければいけないと述べ亡くなったそうです。
 劉さんが生きて伝えようとした、戦争の本当の姿というものを、私たちはこれからも次世代にしっかり伝えていかなければならないと思います。

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2015年12月1日

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会