« 私の町内会の健康づくり No .1 | 【Library TOP】 | 私の町内会の健康づくり No .2 »

冬場の健康維持について

理学療法士 笠原 毅
 皆様こんにちは、秋も深まりいよいよ寒くなってまいりました。  北海道は冬になると雪が積もり、路面が滑りやすくなり、外出の機会が減ってしまいます。歩く機会が少なくなると、体重が増えたり、下肢の筋力が低下してきます。1日寝たきりでいると1~3%筋力が弱くなると言われています。

年齢が高くなるにつれて、少しの身体能力の変化で転びやすくなります。怪我をするとますます動かなくなり、悪循環でどんどん体が弱くなっていきます。
 しかし、毎日少しだけでも、運動することでこれらのことは、防ぐことが出来ます。今日からはじめてみましょう!
いきいき健康体操いきいき健康体操
 立って行うことでバランスが良くなり、転びにくい体を作ります。無理な方は、テーブルなどに掴まってもかまいません。また、立位を取れない方は、椅子に座って行ってください。まずは、はじめることが重要です!健康に美しく春を迎えましょう。

2006年11月 第272号より

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年11月01日 |

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会