« 各地のできごと 2006年11月 第272号より | 【Library TOP】 | 大腸癌健診を受けましょう »

冬の肌のお手入れ

医師 高柳滋治
 寒くなってきました。冬になって空気が乾燥してくると、アトピー性皮膚炎が悪くなって外来を訪れる患者さんが増えてきます。  私たちの肌は、一番外側の角質層と言うところが、適度なしなやかさを保っていて、外からの刺激に対して、皮膚を守る働きを持っています。アトピー性皮膚炎の患者さんは、体質的に皮膚のあぶら分(皮脂)が不足していることがわかってきました。

このあぶら分が不足すると、肌から水分が逃げやすくなります。水分が足りなくなると肌を守っている角質がもろくなってはがれていきます。こうなると外から様々な刺激を直接受けてしまい、炎症が起こって、アトピー性皮膚炎も悪くなっていきます。その上気温が低いと、体温が奪われないように手や足などの末梢血管の血流も少なくなります。一度炎症が起こると治りにくい状態になっています。アトピー性皮膚炎に限らず、冬の乾燥と低温により、しもやけなどの肌のトラブルが増えます。冬の時期には、特別な注意が必要です。
 まず、適切な保湿剤を使います。ワセリン、ビタミンE軟膏、尿素軟膏、ヘパリン類似物質の軟膏などがあります。それぞれに一長一短があるので、使ってみて肌に合うものを選びましょう。私たちのところでは、白色ワセリンをよく使っています。べたつくのが難点ですが、その粘りけのおかげで、過剰な水分の放散を防ぐばかりでなく、外からの刺激にたいして皮膚を保護する保護膜の役割も果たします。副作用がないので、一日に何回も塗ることができます。寝る前や外出前に塗り直すのも一つの手です。
 入浴の仕方にも工夫がいります。ぬるめのお湯に長くつかるようにし、血のめぐりを良くし、肌に十分な湿り気を与えます。石けんは、ほこりや汗、ダニなどで汚れたあぶら分をおとすために必要です。こすり過ぎは禁物です。手のひらをつかって、やさしく洗うようにします。入浴のあとはどんどん乾燥が進むので、体がしめっているうちにはやめに保湿剤を塗るようにします。少しべたつくくらいに、たっぷりと使うようにしましょう。
 石けんやシャンプーは特別なものは必要ありません。香料や色素、防腐剤などの人工の添加物の少ないものを選ぶようにします。入浴剤などで荒れることもあります。特に敏感な人は医師によく相談してください。
 身につけるものは、なるべく綿100%のものにします。化繊のものは、刺激になることがあります。乾燥する冬にはよく静電気が起きます。肌着に残っている洗剤や漂白剤、柔軟剤などによって刺激を受けることもあります。合成洗剤をやめて、粉石けんを使うようにしましょう。
 寒いからと言って、家の中に閉じこもってばかりいるのもよくありません。汗をかくくらいしっかりと運動をして、皮膚の新陳代謝を高めることも大切です。子どもは風の子、冬の日差しをたっぷり浴び、寒い外を駆け回るくらいのたくましさが、体を鍛え、肌を鍛え、結局はアトピー性皮膚炎からの卒業を早めることになるのです。

2006年12月 第273号より

投稿者: 道南勤医協 | 登録日: 2006年12月01日 |

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会