« 2008年12月 | 【Library TOPへ】 | 2009年02月 »

明るく元気で頑張りましょう

あけましておめでとうございます。

200901_08.jpg

道南勤医協友の会連絡会会長 天下井 清

福田内閣から麻生内閣に変わったものの、世界金融危機のあおりを受けて日本経済も大混乱、政府の対策は大企業向けの融資と消費税増税のおまけ付きの定額給付。

アメリカと大企業を優先する政治が、非正規・派遣労働者の首切り、中小・零細企業の切捨てとなって、「働く貧困層」から「働けない貧困層」を出現させています。

規制緩和の名の下に生じている無権利と貧困の拡大はいつかきた道です。私が子どものころ時々銭湯で出会うN先輩が中学校一の秀才でしたが、高校に進学しませんでした。生活保護家庭だったので行けなかったそうです。私の親も、多くの親たちは貧しいなりに働いて、子どもが恥ずかしい思いをしないように、それなりの夢を抱きながら一生懸命働いてきたのです。少なくとも働けば何とかなる社会でした。とりわけ高齢者を含め貧困ゆえに医療を受けられないような社会にさせるわけにはいきません。

友の会は力を合わせて私たちの医療を私たちの手で守り育てなければなりません。今年は衆議院選挙の年です。1人の小さな力が世の中の流れを押しとどめることの出来る年です。新たな1年を明るく、元気で頑張りましょう。

項目:だより2面・3面 | 投稿者:道南勤医協 | 登録日: 2009年01月01日 |  コメントを書く・読む (0)

2009年 あけましておめでとうございます

全道が心をひとつに、新しい年を確実に前進していきましょう

200901_07.jpg

北海道民医連会長 浅沼 建樹

全道各地で奮闘されている社員・友の会の皆さん、職員の皆さん、新年おめでとうございます。

昨年は「後期高齢者医療制度」を中心とする医療や介護、福祉の後退に対して国民的な大きな反撃が行われ、参議院で廃止決議を勝ち取りました。また、医師不足、看護師不足により地域医療の崩壊が進行する中、多くの医師をはじめとする、医療者が立ち上がり、これをストップさせる力強い運動も開始されました。私達がすすめてきたナースウェーブ、ドクターウェーブの運動が全国の医療者の運動へと広がっています。また、新たに取り組まれた介護ウェーブも大きな盛り上がりを見せています。

昨年秋からは、アメリカ発の金融危機が全世界的に広がり、経済活動が危機的な状況に陥っています。このしわ寄せが非正規雇用の労働者のリストラや中小企業の経営困難となって大変な事態を迎えています。国民生活全体がますます大変になっています。こうした中で、早期の解散総選挙を求める国民の声に反して麻生内閣が無責任な居すわりを続けていますが、近々必ず選挙は行われます。私達の思いをこの総選挙にぶつけて政治そのものを国民の生活や医療福祉を大切にし、平和を第一に考える政治に変えてゆきましょう。その先頭に立つ決意を表明し、また、皆さんが健康で昨年以上に奮闘されんことを期待し、年頭のあいさつと致します。

項目:だより2面・3面 | 投稿者:道南勤医協 | 登録日: 2009年01月01日 |  コメントを書く・読む (0)

▲このページの先頭へ

© 医療法人 道南勤労者医療協会